著名人・芸能人の有料メールマガジン

ゲスト様
馬場 裕一
Profile
職業 麻雀ライター
名前 馬場 裕一(ばば ひろかず)
生年月日 1959年5月1日
出身地 東京都
血液型 O型
ブログ 【公式】バビィのバカヅキサイクロン
http://blog.livedoor.jp/biglipbabby
 
Information
立教大学文学部日文科入学と同時に史上最年少で麻雀プロになる。東京六大学麻雀リーグ戦に立教大キャプテンとして出場し、明治大学の学生雀士だった片山まさゆき氏と出会う。その縁で、漫画家・片山氏とコンビのような関係となり「近代麻雀」などで活躍。1999年、一念発起して麻雀企画集団バビロンを結成。2010年、「近代麻雀オールスター最強戦」で、錚々たるメンバーの中で優勝を果たした。
「バビィ編集長が贈る 麻雀業界ホントの話」(メールマガジン)で得られる5つの特典!
馬場 裕一
馬場 裕一のメールマガジン
「バビィ編集長が贈る
麻雀業界ホントの話」
発行:5・20日
月額:540円(税込)
創刊:2011年8月20日

麻雀をやるキッカケ、プロになったキッカケを教えてください。

中学生の頃、仲が良かった友達のお母さんが「日本麻雀連盟」という組織の会員で「麻雀はサラリーマンの必修科目だから覚えておきなさい」って教えてもらったのがキッカケですね。でも当時は麻雀に対して偏見があった時代で、ましてや中学生が雀荘なんてとても行ける雰囲気じゃなかったんです。麻雀をやりたいのにやる環境がない・・って悶々としていたら、ある時「近代麻雀」っていう日本初の麻雀専門誌が発刊されたんですよ。すごく衝撃を受けて、麻雀をやりたい!って欲求を、雑誌を読むことで発散していました。

高校生の時に、どうしてもその雑誌の発売日まで待てなくて「早く見たいんで、売ってください」って直接出版社に乗り込んだんです(笑)麻雀が好きな高校生が珍しかったのか、社長に気に入られて、そのまま他にも出版していた麻雀雑誌のライターのバイトをさせてもらうことになり、その後、大学生の時に麻雀プロが創設されて、プロ雀士の受験をして合格したわけなんですが、”麻雀のプロフェッショナル”になりたいと思ってなったわけじゃなく、元々はプレイヤー思考で、好きな麻雀で生活できればとは思ってはいたのですが、それよりもプロが創設される過程を高校生から編集者という立場で見てきて、プロの世界ができあがってくるのを見ていて面白そうだったので、受験してプロになったという感じですかね。

あとこれは余談ですが、当時僕が住んでいた場所と乗り込んだ出版社との距離が少し遠い所にあったんですが、僕が高校生の時に新しい路線ができて、わずか4駅で出版社まで行けるようになったんです。そういった時代の背景がなければ、そもそも出版社まで行こうとは思ってなかったかも知れませんね。

最近の麻雀業界についてどのように感じますか?

僕が麻雀を始めた頃は「麻雀なんてけしからん」って風潮だったんですよ。それでも今みたいに娯楽があるわけじゃないから”麻雀ブーム”が来たりもして、まあ賛否両論ですね。その頃と比べるとイメージがだいぶクリーンになったなって印象でそれはネットとかオンラインゲームで気軽に麻雀をやる若者が増えたことが大きいのかなと感じています。麻雀が多くの人に愛されるのはとても嬉しいことなんですが僕は実際に麻雀牌を触ったりゲーム中緊張して手が震えたりってそういう感覚的な経験をして欲しいんですよね。相手の表情や目の動きから次の手を読んだり、実践じゃないと出来ない部分に心理戦ならではの面白さがたくさん詰まっているのに、ネットの世界にこもっているだけじゃもったいないぞっていうのが本音です。そういう人たちをリアルの世界に引きずり込みたいって思いが今回メルマガを始めるにあたっての大きな理由でもありますね。

馬場 裕一

どんな内容のメルマガにしたいですか?

上達するためのコツや裏技紹介などのコーナー企画、僕自身が体験した麻雀に関するおもしろい出来事なんかをどんどん紹介していきたいですね。あとは「何だ。麻雀ってこんなもんか」って思っている入門者の人にはファンタスティックな部分を、マニアックな人向けには麻雀業界の人間関係とかどす黒い部分をお届けしていこうかなと(笑)麻雀は本当に奥が深いんですよ。だからこそ、覚えることが多くて難しそうってイメージを持たれている方が多いんですけど、そんなことはない!と声を大にして言いたいですね。確かにいろいろ戦略はあるんですけど、それに正解はなくて、自分の流儀で誰でも楽しめるっていう点が麻雀の一番の魅力だと思っています。基本のルールがあっても攻め方は十人十色ですごく個性が出ますし、もっと言えばその人の性格や生き様なんかもそのまま成績に出たりするんですよ。そういった麻雀の面白さを多くの人に知ってもらえるキッカケになれば嬉しいですね。

馬場 裕一